記事一覧

修理レポート その8 仕上げ

ファイル 15-1.jpgファイル 15-2.jpgファイル 15-3.jpg

再度ホイールアライメントと修理の状況を見てみましょう。

写真のモニターの出力に示された赤と緑の箇所がありますが、緑の部分は正常な数値、赤の部分は異常がみとめられる箇所です。写真左です。

この赤の箇所を緑で表示されるように調整してゆくのですが、これは人体の治療にレントゲン写真やCTスキャンを用いて正常な状態との比較をすることによく似ています。写真中はすべてが緑になった状態です。

すべての箇所の調整が終れば、最後に試乗をして正常な状態になっているかを確認します。ルイヴィトン歌舞伎コピーここで違和感や異常がみとめられれば再度原因を究明し、正常になるまで調整をくり返します。

これですべての修理が終了です。あとは洗車で汚れを落とし、お客様の元へ帰って行きます。

修理レポート その7

ファイル 14-1.jpgファイル 14-2.jpgファイル 14-3.jpg

四輪アライメントの調整です。

このアライメント調整により、タイヤの片減りやハンドル操作の違和感を低減します。

もし事故等でダメージを受けて、足廻りの部品を交感しなくてはいけなくなった時、ただ部品を新品に交換するだけではブルガリ時計コピー、その正確な作業結果が得られるとは限りません。不安定なままではせっかく交換した部品も意味がないし、性能も発揮されないままでしょう。

そうならないためにも、より正確な測定と調整が必要です。当社では四輪アライメント測定システム「ジョン・ビーン」を導入しています。

まず、調整する前の状態で数値の計測を行います。数値はフロント側左右のキャスター・キャンバー・トゥ。リア側左右のキャンバー・トゥで表示されます。

この数値は各メーカーの各車種ごとに基本的な範囲が決まっていて、その範囲、規格に数値が揃うように調整してゆきます。

修理レポート その6

ファイル 13-1.jpgファイル 13-2.jpgファイル 13-3.jpg

これが乾燥室から出てきた後の車両の姿です。ここから部品を組み付けてゆくわけですが、その前に磨く作業が入ります。

細心の注意を払いながら塗った塗装ですが、どうしても少量のゴミの付着などがあります。そのゴミを取り除き、塗装した表面を整える作業として磨くことは重要なことです。

この磨きによりゴミなどの不純物を取り除くと同時にウブロスーパーコピー、新車時に負けず劣らない艶と輝きを出すことができます。

修理レポート その5

ファイル 12-1.jpgファイル 12-2.jpgファイル 12-3.jpg

今回は塗装についてです。この塗装ですが、もちろんいきなり色を吹くことはできません。色を吹く前に必ずやらなければならない下処理と準備があります。

まず色をつける箇所の表面に非常に細かい目のペーパー(紙ヤスリ)をかけます。これは塗料と表面の密着性を高め、剥がれを防止するためです。次に塗装箇所の表面を特殊な溶剤で拭きます。これにより表面に付着した細かなゴミ、汚れや油分などを取り除きます。これを怠ると塗装の仕上げに悪影響が出てしまいます。

そして最後はマスキングです。マスキングとは紙とテープを使って塗装をしない部分を覆い隠し、塗装しない部分への飛散を防ぐvetements スーパーコピー
重要な下準備です。これらはどれも慎重の上に慎重を重ねなければならない大切な作業です。

下準備ができたらいよいよ色をつける段階に入ります。

この車両はベース色・パール・クリアーの3コート塗装になり、より高い塗装技術が要求されます。塗装ブースの中を動かして、塗装中もホコリやゴミに細心の注意を払い、少しずつ何回も丁寧にベース色を塗り重ねていきます。

同じようにパール・そしてクリアーと順次塗り重ねてゆき、最後に乾燥室で乾燥させて完成となります。

修理レポート その4

ファイル 11-1.jpgファイル 11-2.jpgファイル 11-3.jpg

ここではフレーム修正の際に取り外した部品と、交換して新しくなった部品を取り付けました。エンジンも載り足廻りの部品もバレンシアガ トートバッグ コピー交換しています。次は塗装の工程となります。

修理レポート その3

ファイル 10-1.jpgファイル 10-2.jpg

フレームの修正・板金の作業が完了し、いよいよエンジンを載せる工程になります。今回はエンジンとともにボンネットも交換になるので、この時点ですでにはずしています。

写真は新しいエンジンです。これからこのバレンシアガ財布コピーエンジンを載せるとともに、左フロントの足廻りのパーツ交換も行います。

修理レポート その2

ファイル 9-1.jpgファイル 9-2.jpgファイル 9-3.jpg

前回フレームの数値・寸法を計測するところまで説明させていただきましたが、今回はフレームの寸法を正確な数値に戻す作業です。まずは修正するにあたって、邪魔になる部品を取り外します。ここでは右フロントフェンダー、左フロントタイヤ、ホース類、配線などです。

写真はフレームが右に大きくふっていたため、左側から引っぱっているところです。「シャーク」による測定によって出た数値と、メーカーの数値データを照らし合わせ、これを上下左右から行い、グッチ服スーパーコピー少しずつ修正していきます。

もちろん数値が戻ったからと言ってそこで終わりではありません。ダメージを受けた部分のフレームを必要によって切断したりつなげたり、新しい部品との交換もします。細かいところは手作業になります。ハンマーで叩いたりパテを入れたりもします。

修理レポート その1

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpgファイル 7-3.jpg

車両をフレーム修正機まで移動させてきました。
写真でお分かりになると思いますが、この時点ですでにエンジンをおろしています。これからフレームを修正するのですが、まずは三次元測定システム「シャーク」による数値の計測を行います。

フレームの数値・寸法は各車種によって決まっていますが、グッチ靴スーパーコピーこの計測によりデータによる正確な修理が実現できるわけです。

修理レポート

ファイル 6-1.jpg

近日補修についてのグッチスーパーコピーレポートを掲載します。

四輪アライメント ショック交換1

ファイル 5-1.jpgファイル 5-2.jpg

純正のショックをドイツBILSTEIN社のものに交換します。その際、適切に取り付けられているかどうかの判断のために4輪アライメントのセリーヌスーパーコピー測定をします。ここでその作業内容を紹介します。

写真は取り付け前のショックです。このショックについてはhttp://bilstein.de/を御覧ください。