記事一覧

Hyper Coat Pro のコーティング施工 その2

ファイル 25-1.jpgファイル 25-2.jpgファイル 25-3.jpg

洗車前に補修履歴やキズなどボディの状態を確認し、丁寧に洗車作業を行います。

洗車が終ったらボディに付着した鉄粉やゴミを確認し除去します。一見きれいに見えるボディも、ザラついている場合は鉄粉が付着しています。粘土やセーム革、クロス等を用いて完全に取り去ります。

その後、素地調整をするためにマスキングを行います。樹脂やメッキ部分、調整によって傷がつく可能性がある部分、ボディの隙間、エンブレム、コンパウンドが目詰まりする可能性のある部分は丁寧にマスキングを行います。

マスキングができたら素地調整です。ボディの状態を見極めて、コンパウンドとバフを選定し作業を行います。ジバンシー 財布コピーこれによりキズを取り除き、本来ボディの持つ艶を引き出します。美しく仕上げるために、慎重に材料や用具を選定し丁寧な作業が求められます。

素地調整が済んだら脱脂クリーニングを行い次工程に移ります。

Hyper Coat Pro のコーティング施工 その1

ファイル 24-1.jpgファイル 24-2.jpgファイル 24-3.jpg

デュポンのガラス系フッ素のハイブリッドコーティング、ハイパーコートプロの施工を紹介します。

ハイパーコートプロは、ガラス系シリコーン樹脂と反応性シリコーンオイルを結合させると同時に、テフロン系原料から導き出された「反応性フッ素化合物」を結合させる、デュポン独自のコーティング剤です。

特長としては

抜群の撥水性の維持、卓越した光沢を長期保持、時計 レプリカそしてボディーの汚れを簡単に除去できるというものです。

施工後は水洗いでボディの汚れが簡単に除去できるので、メンテナンスの簡素化が図れます。

今回はイエローのポルシェにこのコーティングを施しました。

施工前の写真をご覧下さい。一見きれいに見えても、よく見ると塗装の経時変化があります。工場の照明の映り具合もぼやけたようになっています。

車高調整 2

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.jpgファイル 23-3.jpg

四輪アライメント計測システム、「John Bean」により現状に対して適切な数値を計測します。

この結果、現状に対して前輪およそマイナス5ミリ、バレンシアガ 財布コピー後輪およそマイナス2ミリという数値が判明し、サスペンションのセッティングが高すぎたことがわかりました。

この数値にもとづいて調整を行いました。

車高調整 1

ファイル 22-1.jpgファイル 22-2.jpgファイル 22-3.jpg

部品取り付け済みの車両の調整を行いました。

まず、ホーイルを外し現状のサスペンションのバレンシアガ コート スーパーコピー高さを計測します。

ボディカラーのカスタマイズ-1

ファイル 21-1.jpgファイル 21-2.jpgファイル 21-3.jpg

今回は事故の処理ではなく、お客様のご要望により写真のGT-Rのカラーリングの変更を行います。スポイラー、ボンネットのダクトをボディと同色にする作業です。フロントバンパーの下部のスポイラー、シャネル コート コピーボンネットに配置された三角形のダクトが対象です。

Miniのカスタマイズ その3

ファイル 20-1.jpgファイル 20-2.jpgファイル 20-3.jpg

この作業で最も大きなウエイトを占めるのが表面の仕上げですが、この部分はひたすら地味なもので、あまり写真でお見せするようなところではありません。でも非常に重要な作業です。

サーフェイサーにより表面を均一化した上で、塗装を施し仕上げます。きっちりとボディと同色にすることはもちろん、先の工程である表面の仕上げをきっちりとするかどうかで仕上がりが変わってしまいます。

ご覧の通りボディと同色に仕上がり、モスキーノ スーパーコピー個性的な一台となりました。

Miniのカスタマイズ その2

ファイル 19-1.jpgファイル 19-2.jpg

塗装作業の前に表面を処理します。このヴェトモン スニーカーコピー車種のPPの部品には凹凸があり、このまま塗装してしうとボディとの仕上がりに差ができてしまいますので、サーフェイサーで表面を均一化します。

Miniのカスタマイズ

ファイル 18-1.jpgファイル 18-2.jpgファイル 18-3.jpg

New Miniの外観をカスタマイズしました。

写真でご覧頂けるように、この車種ではオーバーフェンダー、ステップモール、前後スポイラーが黒色になっています。

これをボディとヴェトモン キャップ コピー同色にする作業です。

車高調整 その2

ファイル 17-1.jpgファイル 17-2.jpgファイル 17-3.jpg

部品を交換し車高を低くするとアライメントが狂ってきます。

ここでアライメントを調整せずに走行を続けていると、タイヤの片減りや他の部品への負担が大きくなり、様々な不具合から故障の原因にもなりかねません。長く快適に乗るためにはアライメントの調整は重要な作業です。

当社での作業はJOHN BEANによる計測に基づいており、カルティエ 時計コピー最適な状態を数値で表示しながら正確なアライメントの調節ができます。これは外形を計って作業を進める方法にくらべ、正確さはもとより、合理性と納期面でのメリットと言う点でも格段の違いがあるものです。

車高調整 その1

ファイル 16-1.jpgファイル 16-2.jpgファイル 16-3.jpg

ベンツSクラスの車高調整(ローダウン)を行います。
車高調整の後で、JOHN BEANを用いた四輪アライメントを行い数値を計測し、最終的な調整を行います。

今回はショックがエアサスペンションであるため、エアサスペンションの横にある車高調整部品を純正品からサードパーティのブライトリングスーパーコピー部品に交換します。これによって純正部品を使っていた時にくらべてローダウンすることができますが、この場合などは事後の計測と調整は必須です。