記事一覧

介護福祉車両の修理

ファイル 35-1.jpgファイル 35-2.jpgファイル 35-3.jpg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

介護福祉の業務用車両にはワンボックスの自動車が使われることが多いのですが、ボディの側面、ドアやバックのハッチなど、垂直で面積の大きいの車体面が多いので小さな傷でも目立つことが多いのですが、それが大きなものになると余計に目立ちます。

そういった傷を放っておくと、車体に錆びが生じるなどのトラブルを招き自動車の耐用年数を下げてしまいます。また、お名前の入った車両は広告としての要素もあり、イメージという面でもマイナスになってしまいます。

でも忙しいし代わりの車もない……

中村自動車工業では介護福祉車両の代車の用意もございますので、お気軽にお問い合せください。