記事一覧

車高調整 2

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.jpgファイル 23-3.jpg

四輪アライメント計測システム、「John Bean」により現状に対して適切な数値を計測します。

この結果、現状に対して前輪およそマイナス5ミリ、バレンシアガ 財布コピー後輪およそマイナス2ミリという数値が判明し、サスペンションのセッティングが高すぎたことがわかりました。

この数値にもとづいて調整を行いました。

車高調整 1

ファイル 22-1.jpgファイル 22-2.jpgファイル 22-3.jpg

部品取り付け済みの車両の調整を行いました。

まず、ホーイルを外し現状のサスペンションのバレンシアガ コート スーパーコピー高さを計測します。

車高調整 その2

ファイル 17-1.jpgファイル 17-2.jpgファイル 17-3.jpg

部品を交換し車高を低くするとアライメントが狂ってきます。

ここでアライメントを調整せずに走行を続けていると、タイヤの片減りや他の部品への負担が大きくなり、様々な不具合から故障の原因にもなりかねません。長く快適に乗るためにはアライメントの調整は重要な作業です。

当社での作業はJOHN BEANによる計測に基づいており、カルティエ 時計コピー最適な状態を数値で表示しながら正確なアライメントの調節ができます。これは外形を計って作業を進める方法にくらべ、正確さはもとより、合理性と納期面でのメリットと言う点でも格段の違いがあるものです。

車高調整 その1

ファイル 16-1.jpgファイル 16-2.jpgファイル 16-3.jpg

ベンツSクラスの車高調整(ローダウン)を行います。
車高調整の後で、JOHN BEANを用いた四輪アライメントを行い数値を計測し、最終的な調整を行います。

今回はショックがエアサスペンションであるため、エアサスペンションの横にある車高調整部品を純正品からサードパーティのブライトリングスーパーコピー部品に交換します。これによって純正部品を使っていた時にくらべてローダウンすることができますが、この場合などは事後の計測と調整は必須です。

修理レポート その8 仕上げ

ファイル 15-1.jpgファイル 15-2.jpgファイル 15-3.jpg

再度ホイールアライメントと修理の状況を見てみましょう。

写真のモニターの出力に示された赤と緑の箇所がありますが、緑の部分は正常な数値、赤の部分は異常がみとめられる箇所です。写真左です。

この赤の箇所を緑で表示されるように調整してゆくのですが、これは人体の治療にレントゲン写真やCTスキャンを用いて正常な状態との比較をすることによく似ています。写真中はすべてが緑になった状態です。

すべての箇所の調整が終れば、最後に試乗をして正常な状態になっているかを確認します。ルイヴィトン歌舞伎コピーここで違和感や異常がみとめられれば再度原因を究明し、正常になるまで調整をくり返します。

これですべての修理が終了です。あとは洗車で汚れを落とし、お客様の元へ帰って行きます。

修理レポート その7

ファイル 14-1.jpgファイル 14-2.jpgファイル 14-3.jpg

四輪アライメントの調整です。

このアライメント調整により、タイヤの片減りやハンドル操作の違和感を低減します。

もし事故等でダメージを受けて、足廻りの部品を交感しなくてはいけなくなった時、ただ部品を新品に交換するだけではブルガリ時計コピー、その正確な作業結果が得られるとは限りません。不安定なままではせっかく交換した部品も意味がないし、性能も発揮されないままでしょう。

そうならないためにも、より正確な測定と調整が必要です。当社では四輪アライメント測定システム「ジョン・ビーン」を導入しています。

まず、調整する前の状態で数値の計測を行います。数値はフロント側左右のキャスター・キャンバー・トゥ。リア側左右のキャンバー・トゥで表示されます。

この数値は各メーカーの各車種ごとに基本的な範囲が決まっていて、その範囲、規格に数値が揃うように調整してゆきます。

四輪アライメント ショック交換1

ファイル 5-1.jpgファイル 5-2.jpg

純正のショックをドイツBILSTEIN社のものに交換します。その際、適切に取り付けられているかどうかの判断のために4輪アライメントのセリーヌスーパーコピー測定をします。ここでその作業内容を紹介します。

写真は取り付け前のショックです。このショックについてはhttp://bilstein.de/を御覧ください。

4輪アライメント

ファイル 4-1.jpg

オデッセィのロレックス スーパーコピーローダウンを施工しました。
近日内容をアップします。

四輪アライメントについて

連載記事をアップしました。

第一回はこちらです。

ホイールアライメントについて、四輪アライメントの超スーパーコピー時計特徴となぜ四輪アライメントの必要性があるのかなど、序論として掲載しております。

これから事例に沿った内容などをご紹介してゆきますので、どうぞお楽しみに。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ