記事一覧

ホイールのレストア その2

ファイル 33-1.jpgファイル 33-2.jpgファイル 33-3.jpgファイル 33-4.jpg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

オリジナルに忠実に復元するために、全体を磨いた後に塗装をしました。

レストア前と後の様子です。
状態の違いがおわかりいただけるかと思います。

全体の修理だけでなく、各パーツの補修も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ホイールのレストア その1

ファイル 32-1.jpgファイル 32-3.jpgファイル 32-4.jpgファイル 32-5.jpg

希少価値の高いホイールのレストアしました。

お車によっては、それでないとしっくりこない、また、代替がきかないというホイールがあります。

イタリアのCampagnolo(カンパニョーロ、現在テクノマグネシオ)のホイールで、Lamborgini(ランボルギーニ)向けにつくられたものです。モータースポーツを知る方には、数々のレースで栄冠に輝いたメーカーとして、また、サイクルロードレース好きの方には自転車部品のメーカーとして馴染みが深い名前でしょう。

元々自転車部品メーカーであるカンパニョーロは、合金の加工技術を活かして自動車部品サプライヤーとして高品質なホイールを製造し、その技術をより高いものにし、幅広いマーケットに対応するために1980年代初頭にTecnomagnesio(テクノマグネシオ)を創設しました。

これだけでもこのネームが入ったホイールの価値がおわかりいただけるかと思います。

Hyper Coat Pro のコーティング施工 その3

ファイル 26-1.jpgファイル 26-2.jpgファイル 26-3.jpg

いよいよコーティング剤を塗布します。

専用のスポンジを用いて、風や湿気の影響のない場所での作業を行います。タテヨコの方向を変えて均一に塗布します。全体に塗布できたら時間をおいて専用クロスで拭き上げます。

塗り残しやムラのないことを確認して、ブースで強制乾燥させます。この強制乾燥によりコーティング皮膜が硬化し、しっかり塗装を保護できます。

ファイル 26-4.jpg ファイル 26-5.jpg

乾燥させた後、丸一日待って仕上がりを確認します。スーパーコピー確認は照明や光源、自然光など様々な角度から行います。

仕上がりが確認出来たら完成です。

ボディの美しさを保ち、メンテナンスを簡便にするハイパーコートプロをぜひお試し下さい。

Hyper Coat Pro のコーティング施工 その2

ファイル 25-1.jpgファイル 25-2.jpgファイル 25-3.jpg

洗車前に補修履歴やキズなどボディの状態を確認し、丁寧に洗車作業を行います。

洗車が終ったらボディに付着した鉄粉やゴミを確認し除去します。一見きれいに見えるボディも、ザラついている場合は鉄粉が付着しています。粘土やセーム革、クロス等を用いて完全に取り去ります。

その後、素地調整をするためにマスキングを行います。樹脂やメッキ部分、調整によって傷がつく可能性がある部分、ボディの隙間、エンブレム、コンパウンドが目詰まりする可能性のある部分は丁寧にマスキングを行います。

マスキングができたら素地調整です。ボディの状態を見極めて、コンパウンドとバフを選定し作業を行います。ジバンシー 財布コピーこれによりキズを取り除き、本来ボディの持つ艶を引き出します。美しく仕上げるために、慎重に材料や用具を選定し丁寧な作業が求められます。

素地調整が済んだら脱脂クリーニングを行い次工程に移ります。

Hyper Coat Pro のコーティング施工 その1

ファイル 24-1.jpgファイル 24-2.jpgファイル 24-3.jpg

デュポンのガラス系フッ素のハイブリッドコーティング、ハイパーコートプロの施工を紹介します。

ハイパーコートプロは、ガラス系シリコーン樹脂と反応性シリコーンオイルを結合させると同時に、テフロン系原料から導き出された「反応性フッ素化合物」を結合させる、デュポン独自のコーティング剤です。

特長としては

抜群の撥水性の維持、卓越した光沢を長期保持、時計 レプリカそしてボディーの汚れを簡単に除去できるというものです。

施工後は水洗いでボディの汚れが簡単に除去できるので、メンテナンスの簡素化が図れます。

今回はイエローのポルシェにこのコーティングを施しました。

施工前の写真をご覧下さい。一見きれいに見えても、よく見ると塗装の経時変化があります。工場の照明の映り具合もぼやけたようになっています。

ボディカラーのカスタマイズ-1

ファイル 21-1.jpgファイル 21-2.jpgファイル 21-3.jpg

今回は事故の処理ではなく、お客様のご要望により写真のGT-Rのカラーリングの変更を行います。スポイラー、ボンネットのダクトをボディと同色にする作業です。フロントバンパーの下部のスポイラー、シャネル コート コピーボンネットに配置された三角形のダクトが対象です。

Miniのカスタマイズ その3

ファイル 20-1.jpgファイル 20-2.jpgファイル 20-3.jpg

この作業で最も大きなウエイトを占めるのが表面の仕上げですが、この部分はひたすら地味なもので、あまり写真でお見せするようなところではありません。でも非常に重要な作業です。

サーフェイサーにより表面を均一化した上で、塗装を施し仕上げます。きっちりとボディと同色にすることはもちろん、先の工程である表面の仕上げをきっちりとするかどうかで仕上がりが変わってしまいます。

ご覧の通りボディと同色に仕上がり、モスキーノ スーパーコピー個性的な一台となりました。

Miniのカスタマイズ その2

ファイル 19-1.jpgファイル 19-2.jpg

塗装作業の前に表面を処理します。このヴェトモン スニーカーコピー車種のPPの部品には凹凸があり、このまま塗装してしうとボディとの仕上がりに差ができてしまいますので、サーフェイサーで表面を均一化します。

Miniのカスタマイズ

ファイル 18-1.jpgファイル 18-2.jpgファイル 18-3.jpg

New Miniの外観をカスタマイズしました。

写真でご覧頂けるように、この車種ではオーバーフェンダー、ステップモール、前後スポイラーが黒色になっています。

これをボディとヴェトモン キャップ コピー同色にする作業です。

修理レポート その6

ファイル 13-1.jpgファイル 13-2.jpgファイル 13-3.jpg

これが乾燥室から出てきた後の車両の姿です。ここから部品を組み付けてゆくわけですが、その前に磨く作業が入ります。

細心の注意を払いながら塗った塗装ですが、どうしても少量のゴミの付着などがあります。そのゴミを取り除き、塗装した表面を整える作業として磨くことは重要なことです。

この磨きによりゴミなどの不純物を取り除くと同時にウブロスーパーコピー、新車時に負けず劣らない艶と輝きを出すことができます。

ページ移動