記事一覧

事故車両復元 その2

前後を挟まれて損傷した車両の復元です。

ファイル 30-1.jpg ファイル 30-2.jpg

ダメージは車体の側面にまで及んでいるので、それぞれの状態を入念にチェックし、交換が必要な部品、補修の必要な箇所を見極め作業を進めます。

ファイル 30-3.jpg ファイル 30-4.jpg

単に見栄えを戻すのではなく、シュプリーム スーパーコピー精密に復元してお届けするためには的確な診断と処置が必要です。そのために各種測定・計測を行い、データに基づいた作業を行います。

ファイル 30-5.jpg

事故車両復元 その1

ファイル 29-1.jpgファイル 29-2.jpgファイル 29-3.jpgファイル 29-4.jpgファイル 29-5.jpg

事故で前後を損傷した車両の復元作業を行いました。
写真は作業に取りかかる前のヴェトモン コピー車両の様子です。

修理レポート その4

ファイル 11-1.jpgファイル 11-2.jpgファイル 11-3.jpg

ここではフレーム修正の際に取り外した部品と、交換して新しくなった部品を取り付けました。エンジンも載り足廻りの部品もバレンシアガ トートバッグ コピー交換しています。次は塗装の工程となります。

修理レポート その3

ファイル 10-1.jpgファイル 10-2.jpg

フレームの修正・板金の作業が完了し、いよいよエンジンを載せる工程になります。今回はエンジンとともにボンネットも交換になるので、この時点ですでにはずしています。

写真は新しいエンジンです。これからこのバレンシアガ財布コピーエンジンを載せるとともに、左フロントの足廻りのパーツ交換も行います。

修理レポート その2

ファイル 9-1.jpgファイル 9-2.jpgファイル 9-3.jpg

前回フレームの数値・寸法を計測するところまで説明させていただきましたが、今回はフレームの寸法を正確な数値に戻す作業です。まずは修正するにあたって、邪魔になる部品を取り外します。ここでは右フロントフェンダー、左フロントタイヤ、ホース類、配線などです。

写真はフレームが右に大きくふっていたため、左側から引っぱっているところです。「シャーク」による測定によって出た数値と、メーカーの数値データを照らし合わせ、これを上下左右から行い、グッチ服スーパーコピー少しずつ修正していきます。

もちろん数値が戻ったからと言ってそこで終わりではありません。ダメージを受けた部分のフレームを必要によって切断したりつなげたり、新しい部品との交換もします。細かいところは手作業になります。ハンマーで叩いたりパテを入れたりもします。

修理レポート その1

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpgファイル 7-3.jpg

車両をフレーム修正機まで移動させてきました。
写真でお分かりになると思いますが、この時点ですでにエンジンをおろしています。これからフレームを修正するのですが、まずは三次元測定システム「シャーク」による数値の計測を行います。

フレームの数値・寸法は各車種によって決まっていますが、グッチ靴スーパーコピーこの計測によりデータによる正確な修理が実現できるわけです。

修理レポート

ファイル 6-1.jpg

近日補修についてのグッチスーパーコピーレポートを掲載します。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ